みんなの話題

2017雪浦秋季大祭 雪浦くんち中区「豊年太鼓」 賑やかに「人数揃いーにんぞろいー」(10月14日)

いよいよ雪浦くんち一週間前となった10月14日。

雪浦小学校体育館にて「人数揃い-にんぞろい」が行われました。「人数揃い」とは、演し物の稽古が仕上がり、準備が整ったことを地域の方々にお披露目をするもので、本番前のリハーサルのようなものです。本番の衣装を着けて、本番の流れで行ってみて、感触をたしかめ、残り一週間で、さらにいいものへと仕上げていきます。

今年の踊り町である中区民を中心に、たくさんの方が集まりました。天候が良ければ、屋外で行う予定でしたが、残念ながら雨がぱらついていたため、屋内で行いました。本番さえ晴れてくれればいいのです!!神々に奉納する「豊年太鼓」。きっと本番は晴れるように、雪浦の神々が守ってくれるでしょう

中区の青年を中心に、雪浦の15名のメンバーによる豊年太鼓。座長の市場徹さんを中心に、練習に取り組んできました。

7年前の中区の豊年太鼓とは、また違ったものに仕上がっています。伝統とは、守るものでなく、伝えられて来たものを土台にして、その時代時代で新たに創り上げていくもの。時代に合わせて、変化し続ける伝統こそ、生きている伝統なのだと、進化する『豊年太鼓』を見ていて感じました。

そして、この子たちが大人になった時、体に染み込んだこの伝統が、新たな時代の伝統へと進化していくのです。。

10月21日(土)お下り

13時より、熊野神社にて神事。相撲の広場にて、「豊年太鼓」の奉納。

神事終了後、下宮までシャギリの行列。途中、真光寺下にて、「豊年太鼓」お披露目。

下宮到着後、神事。「豊年太鼓」の奉納。

10月22日(日)お上り

10時より、下宮にて神事。「豊年太鼓」の奉納。

神事終了後、熊野神社までシャギリの行列。途中、真光寺下にて、「豊年太鼓」お披露目。

熊野神社到着後、神事。「豊年太鼓」の奉納。

13時より、熊野神社広場にて、奉納相撲・土俵入り。

変化し続ける雪浦の伝統をご覧ください。


ゆきや

MORITAYA

あんばんね農園

雪浦ウィーク