みんなの話題

第20回雪浦ウィーク①(雪小街かどライブ・ケーナづくり・長崎北陽台高校合唱街かどライブ・アートとあそびの広場・はー先生とあそぼう)

第20回の雪浦ウィーク、大盛会のうち終了いたしました。

今回の雪浦ウィークは、「おかげさま ゆっくり続いて20回」というサブタイトルにもありますように、感謝の雪浦ウィークでした。

雪浦を好きでいてくれる来訪者、地元の方、ボランティアの方、参加者の方、関わってくださったすべての方々に「ありがとう」。

5月2日の初日は、雨のスタートで、のんびりと時間が過ぎていきました。

この日は雪浦小学校の子供たちの街かどライブ。子供たちは、雨の中、傘を差しながらのウィークめぐりとなりました。

ゆきやでの5・6年生のフォルクローレの演奏。

3・4年生の演奏。

1・2年生の歌と踊り。沢山の方に見ていただいて、聞いていただいて、子供たちもとてもうれしそう!

この日は「ケーナづくり体験&吹き方教室」。野外でする予定でしたが、雨のため室内に場所を移して行いましたが、とてもいい雰囲気で行うことができましたよ。

ご夫婦で力を合わせて・・・

家族で力を合わせて・・・。雪浦小学校に通っていたことのあり、どうしても自分のケーナがほしい!!ということで、参加してくれました。

吹き口を作り・・・指孔までの長さを計って、キリで穴をあけて・・・

最後は川添成行さん(ケーナを吹いて約40年。スマンドスのリーダー、地元のケーナ奏者です。雪浦ウィークの事務局長でもあります。)が仕上げをしていってくれました。

皆さん、すぐに音を出すことができましたよ。来年も企画しますので、どうぞお楽しみに。

この日は、雨で人出は少なかったのですが、報道機関が沢山来てくれました。合わせて4社のテレビカメラが入りました。この日のニュースなどで報道していただいた効果もあり、翌日3日は、過去最高の人出となりました。

朝早くから、この賑わいです。

駐車場も車でいっぱいに。

45人乗りの長崎からの無料往復バスも満席の予約をいただきました。残念ながら、満席で乗れなかった方、すいませんでした。どうぞ、来年はお早めに予約を入れてくださいね。お待ちしています。心を込めて対応させていただいたのですが、少しお待たせさせてしまうことがありました。申し訳ありませんでした。

2日にオープンしたゲストハウス森田屋。

連日、すごい賑わいでした。2階の宿泊スペースも見学していただいていました。

3日は、長崎北陽台高校合唱部が初参加で演奏してくれました。

長崎北陽台高校合唱部 「ルパン三世のテーマ」 in森田屋

マルシェ会場でも・・・

川添酢造さんのお店の前でも・・・

合唱でいつもお世話になっている指方さんのお店にもおじゃまして、一緒に歌いました。

今年初企画の長崎北陽台高校生による合唱街かどライブ。沢山の歓声もあがり、大好評でした!!6カ所での街かどライブ。お疲れさまでした。普段はホールやロビーでの演奏が主ですが、野外で、お客さんのすぐ目の前で歌うのも楽しかったかな?遠くからありがとうございました。また来年も歌いに来てほしいな~

雪浦地区公民館の2階では、重野裕美さんによる「アートとあそびの広場」。

子供が楽しめる場所を作りたい!!ということで、裕美さんが開いてくれるこの広場。年々参加してくれる子供も増えてきました。大きな木製遊具で遊んだり・・・

楽しく傘にお絵かきしたり・・・

とっても楽しい時間でしたよ。来年もお楽しみに!!画像に含まれている可能性があるもの:5人、原田 淳子さんを含む、、スマイル、室内

また、雪浦地区公民館2階の和室では、「はー先生と遊ぼう。愉快な時間つぶし」。広島お好み焼銀次朗の女将さんは現役の保育士さん。子供たちとパネルシアタ―をしたり・・・、楽しかったね!!

また、時津図書館の豊島さんも絵本を読んでくれました。なんて幸せなんでしょう!!

 

パート2は、賑わった雪浦ウィークの様子をご報告しますね。


ゆきや

MORITAYA

あんばんね農園

雪浦ウィーク