みんなの話題

雪浦小学校 春を迎える会 2020

2020年2月2日。雪浦小学校の一大イベント、「春を迎える会」。

毎年、春分の日の近くの土曜日に、一年間の学びの集大成として行われている学習発表会です。「春を迎える会」なんて、素敵な名前でしょ

今年も、地域のたくさんの方に見守られて、子供たちと大人たちの発表が行われました。

34名という児童数の雪浦小学校ですが、体育館は、こんなにたくさんに人で溢れていました。

子供たちが、愛されていることが伝わってきますね。

1年生「夢をかなえて~1年生になりたいな~

 

2年生 「雪浦のお客様」

 

3・4年生 「化けくらべ」

 

5・6年生 「俳句甲子園2020」~雪浦春の陣~

 

5・6年生 フォルクローレ演奏

 

保護者による読み語り かざくるまの会

 

地域の方による雪浦方言劇2020 「おりゃあ、そがん、がんにゃあじゃなか!」

スマンドス のフォルクローレ演奏

 

つがねの会、スマンドス、林吉行さん、かざくるまの会に、子供たちから感謝状が贈られました。

 

そして、今年は、子供たちにお米を作る経験をさせたいということで、地域の方に協力をいただいて、保護者の方々が企画をして、子供たちと、田植えから収穫までを行ってきました。

そのお米のおにぎりと、雪浦の郷土料理「つぼき」がふるまわれました。つぼきは、地元の婦人会の方々の力を借りて前日から準備をしたそうです。

「春を迎える会」終了後の体育館。温かいつぼきとおにぎりに、みんなにっこにこ

雪浦小学校の子供たちは、こうやって、地域の大人たちに見守られて、愛されて、大変充実した毎日を送っています。

今年の「春を迎える会」、素晴らしかったです

雪浦に春がやってきました

 

 


ゆきや

MORITAYA

あんばんね農園

雪浦ウィーク