みんなの話題

雪浦 またまたアカウミガメがやってきた!! 今年二回目の産卵確認。

6月29日の朝・・・・

「今朝、また ウミガメの足跡があったよ!!・・・・」との、渡辺督郎さんからの電話。

なんと今年二回目です。

総合の学習でアカウミガメの学習を始めた5・6年生が、さっそく足跡を確認しに行きました。

ありました!!  わかりますか? 壁に当たりながら、いくつもの弧を描いている足跡。

産む場所を探して、歩き回ったのでしょうか・・・・

そして、このくぼみがあって、そこからは、真っ直ぐに海に向かって足跡が伸びています。

どうやら、このくぼみが産卵場所のようです。産卵後は、迷いもせずに、真っ直ぐに海に帰っていったようです。

この足跡、昨日はなくて、今朝はあったというので、浜にやってきたのは、28日の深夜か29日の早朝でしょう!!

美しい雪浦の海です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ・・・どうしましょう・・・・・・とりあえず、産卵しているか確かめてみることにしました。

夕方5時から掘り起こしてみることにしました。

5時です。    みんな 集まりだしました。  さあ、作業開始です。

少し凹んで、足跡が深いところ、ここかな・・・と思うところを、どんどん掘っていきます。

前雪浦小学校の川口校長先生も、駆けつけてくれています。みんなの期待はどんどん膨らんでいきます。

掘っては、よけて・・・掘っては、よけて・・・渡辺督郎さんと秀一郎さんの絶妙な穴掘り連携プレー!!

でも、掘っても・・・掘っても・・・・出てこない・・・・

いくら掘っても、出てこない。ちょっと位置をずらしてみても・・・やっぱりない。

「ないのかね・・・・」 みんながあきらめた時でした。

「あった!!」・・・・思っていた場所よりも、少しだけ手前でした。

  

集まった25名ほどの歓声が雪浦の浜いっぱいに響きました。 ピンポン玉くらいの卵です。からは、薄いプラスティックのような感じ。

本当によかった!! 嬉しいです。

みんなで、大事に埋めて、流木で囲みました。

55日くらいで孵化です。雪浦の浜は、みんなの喜びで溢れていました。

  

 


ゆきや

MORITAYA

あんばんね農園

雪浦ウィーク