みんなの話題

NPO法人雪浦あんばんね 「あんばんね座談会」

5月25日の夜7時半より、ゆきやで「あんばんね座談会」。

毎月第4木曜日の7時半から、このようにゆきやに集まって、座談会を行っています。

ゆきやの運営について、マルシェの最終打ち合わせ、あんばんね事業の進捗状況・・・・。話は尽きません。

大変好評をいただいていました ゆきやの食事とお酒のお店「おとわ」さんが、しばらくお休みしています。健康上の事情で、今は、どうしても休まなければならない状況です。たくさんのファンの皆様から、お問い合わせをいただいています。本当にありがとうございます。今は、お休みしますが、いつの日か必ず再開したいと、おとわのユキさん、私たちスタッフも切願しています。その時まで、待っていてくださいね

ゆきやは、おとわさんのお休みに伴い、月曜日・火曜日が基本的にお休みとなっています。水曜日から日曜日までは、これまで通り、草場さんの「ペルー料理とおやさい料理のお店」です。心のこもった美味しいお料理を用意しています。どうぞ、ご利用ください。

マルシェは、毎月第4土曜日の10時から13時、ゆきやの駐車場で開催しています。ゆきやは、夕方まで開いていますので、マルシェの後でもゆっくりとお食事を楽しんでいただけます。

健康教室は、毎月第4土曜日のマルシェの後、13時半から15時まで、雪浦ひうらクリニックで開催しています。参加は無料です。参加希望者は、11時にマルシェ会場に到着するように無料送迎しています。マルシェにも健康教室にも参加して、お腹も体も心も元気になってください。

小さな楽園交付金事業で進めています「ゲストハウス」は、来年オープン予定で、準備を進めています。設計図ができたところです。

これは、雪浦ウィーク期間中の様子です。この奥に見えている古民家「森田屋」を改修して、来年の春、素敵なゲストハウスがオープンします。雪浦に気軽に滞在することができます。乞うご期待!!

小さな楽園交付金事業の「上の瀬耕作放棄地解消事業」も頑張っています。NPO法人あんばんねでは、雪浦に移住してきた内田匠さん、小島さんが中心となり、耕作放棄地を解消しようと新たな事業に取り組んでいます。荒れ果てた土地を農地に戻し、耕作を始めています。無農薬で育てた美味しい野菜ができ始めています。この春は、ブロッコリーが豊作でした!!これから、ここで何を作っていこうか・・・、どのように事業を進めていこうか・・・、検討課題は盛りだくさんです。何もかもこれからです。どうぞ、多くの方の関心を寄せていただき、支援してくださるようお願いします。ここで育った農作物の販売も始めています。購入協力をお願いします。

小さな楽園交付金事業の「研修事業」として、地域づくりの勉強会を開いていきます。

第1回目:「ムラにインバウンドを!」観光地域づくりのススメ

日時:6月7日(水)19時から21時

場所:雪浦川添酢造2階 ビネガーホール

地域づくりの第一人者、九州のムラの養父信夫さんを講師に、研修会を計画しています。

嬉しいことに、雪浦に移住を希望する方が、後を絶ちません。市の移住対策室とも協力しながら、対応を進めています。11月には内田さんご夫婦が、5月には篠笛奏者のヨーコさんが移住して、元気に雪浦で暮らしています。他にも、移住を希望しているご夫婦がいます。

検討課題が盛りだくさんです。これから、雪浦がますます素敵な地域になるよう、力と知恵を結集させていきたいと思います。

NPO法人雪浦あんばんねは、会員を募集しています。どうぞ、会員となり、活動をサポートしてください。よろしくお願いします。

NPO法人雪浦あんばんね入会ご案内です。(クリックしてください)

 


ゆきや

MORITAYA

あんばんね農園

雪浦ウィーク