みんなの話題

雪中昭和45年卒業生 65再会同窓会 in 雪浦

幹事作成のしおりから

令和元年11月2日(土)今は亡き雪浦中学校、昭和45年卒業の65歳の皆さんの同窓会が、雪浦で開催されました。これまでお盆、お正月の開催だったのを、11月の開催にしてどれだけ集まるか不安だったところが、26名も集まって幹事の皆さんはほっとされていました。遠方は東京、愛知の方からも来られていました。真光寺で物故者の法要をして、1次会は雪の川、そして第2部(幹事の方から2次会ではなく第2部と拘っておられました。)を森田屋で開催して頂きました。その森田屋での第2部は、4時くらいから始まり、延々と盛り上がって笑い声が絶えずに6時間以上に及んでいたかと思います。

幹事役として、瀬川幸人さんと松尾節子さん、そして雪浦在住の同窓生の皆さんが中心となり、準備に1年近くかけて、作戦会議はいつも森田屋をご利用頂きました。

もう5年は長すぎる!、と次の同窓会の話も聞こえてきてました。同窓会、いいですね。

森田屋もコミュニティスペースとしての役割を少しでも果たせたかと嬉しくなりました。

個人的なことですが、私の姉も雪浦小学校での同級生として、この同窓会に入れてもらっているのですが、今回法事と重なってどうしても参加できませんでした。私もこの年代の方々の中には旧知の方もいて、とても懐かしく話をさせて頂きました。それに加えて、同じ大学に同時期に学んでいたという方もいたり、面白いご縁を頂きました。

会の中で、私もご挨拶させて頂きました。当法人の活動を紹介させて頂き、雪浦を今後とも盛り上げていきたいので、ご協力をお願いしました。

 

途中、雪浦川で取れたイシガニの差し入れがありました。

茹で上がったカニの解体で盛り上がる
私も、ご挨拶させていただました。

 


ゆきや

MORITAYA

あんばんね農園

雪浦ウィーク